ロゴマーク
INDEX
for next 100 year 次の100年に向けて
養護老人ホーム
白寿荘
HAKUJYU.SO
施設長ご挨拶
信頼され、
愛される施設を目指して。

施設長齊藤淳

皆さんこんにちは。平成30年4月1日、「養護老人ホーム白寿荘」の施設長に着任しました齊藤淳と申します。
養護老人ホーム白寿荘は昭和38年7月に横浜市旭区上白根の地での開所から、平成5年12月の横浜市泉区和泉町(現所在地)への移転を経て、開所から50年以上の歴史を有する老人ホームです。
当ホームに隣接する「いずみ台公園」は緑に溢れ、住民の方々の憩いの場となっており、また、ホームの屋上からは、天気の良い日には富士山を一望することができます。 こうした恵まれた環境下、当ホームでは70名の利用者の方々が生活を営んでいます。私たち職員は、利用者の方々が日々の暮らしの中で生ずる考えや意見、あるいは苦情、不満などに対して、常に傾聴する姿勢を大切にし、利用者の方々が安心して話ができるような雰囲気づくりに努めています。
現在の日本は、世界でも類を見ない速さで超高齢化社会を迎えています。 こうした中、高齢者福祉を支える上での『養護老人ホームの果たすべき役割』を強く認識して、当法人の基本理念である「あらゆる人の尊厳を守り、常に人が人として文化的生活が営まれるよう、 その自立に向けた支援に努める」を事業運営の基軸としながら、利用者の方々やご家族、そして地域の皆様から信頼され愛される施設をめざして、職員一同、力を合わせて邁進してまいります。
養護「白寿荘」について

1

事業の目的

養護老人ホーム白寿荘は、老人福祉法の精神に基づき、原則として65歳以上のお年寄りで、環境上及び経済上等の理由で、 家庭において生活することが困難な方が、「生活の場」としてホームで明るく楽しく生活していただくことで、そのお年寄りの福祉と家庭生活の安定を図ることを目的としています。

2

施設概要

所在地 〒245-0016 横浜市泉区和泉町6181
電話

TEL:045-803-6040  

FAX:045-803-7955  

設置・経営主体 社会福祉法人 神奈川県匡済会
開所年月日 昭和38年7月1日(平成5年12月1日に現在地へ移転)
建物の構造 鉄筋コンクリート造3階建
敷地面積 約6,686.5㎡/延床面積 5,248.3㎡
(養護専有部分 1,114.1㎡/共有部分 3,014.2㎡)
設備内容

事務所
本部事務所、養護・特養事務所、栄養士室 他

養護ホーム(1・2F)
支援員室、医務室、当直室、居室6畳間70室(洋室70)各室トイレ洗面、冷蔵庫、衣装ダンス備え付け、喫煙所、談話室3、倉庫

共有部分
玄関ロビー、談話室3、エレベーターホール、公衆電話、飲料自動販売機、会議室、介護者教室、他


※特別養護老人ホーム併設
定員 70人(全室個室)
職員構成

施設長、事務員、生活相談員、看護師、支援員、管理栄養士、補助員
計18名


※職員数は非常勤職員を含みます。
入所手続き 居住区の区役所の高齢支援課にご相談ください。
支援の概要
  1. 1 精神面への支援
    日頃より生活相談員や担当支援員が様々な相談に応じています。
  2. 2 健康面への支援
    定期健康診断年2回、月1回体重測定等の保健指導の他、毎日1回の棒体操、演芸会、散歩・旅行会などを行っています。
  3. 3 余暇活動への支援
    テレビ、書籍の利用ほか、カラオケ、手工芸、華道、踊り、園芸、ゲーム、ゲートボール等のクラブ活動に自由参加ができます。
  4. 4 医療面への支援
    協力病院と提携。
    その他、皮膚科、歯科、精神科、眼科の定期往診があります。
    日常は嘱託医及び看護師による健康管理。
主な年間行事
クラブ活動
◆年間行事
1~3月
新年祝賀会、お茶を楽しむ会、鏡開き、餅つき大会、節分豆まき、彼岸供養、奉仕者慰労会
4~6月
花まつり、花見、日帰りバス旅行、保育所児童来荘
7~9月
七夕、新盆・盆供養、納涼祭、奉仕者慰労会、敬老月間行事、十五夜、彼岸供養、開荘記念
10~12月
クリスマス会、忘年会
◆クラブ活動/ボランティア
園芸、ゲートボール、踊り、ゲーム、華道、水彩画、手芸愛好会、カラオケ、映画、アロマハンドセラピー 、ウォーキング